スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランタン村からキャンジン・ゴンパへ(ネパールの旅 5)

20131218Chorten12/18(水)晴れのち曇

トレッキング3日目。

相変わらずかなり早い時間に目が覚める。
寝袋に入っていれば快適で温かいのだが、さすがに寝袋から出ると寒い。
夜は乾燥しているので喉はカラカラに渇いたが、高山病のほうはなんともないようだ。


【本日の行程】
ランタン村(3430M)
⇒キャンジンゴンパ(3900M)
⇒Tsergo Riの途中まで高度馴化(4200M?)


標高差:約800M
歩行時間:約5時間

Google Earth + Google Chromeで見てみるとこんな感じ



大きな地図で見る


朝は寒いので、、、、、


20131218breakfast朝は寒いのでキッチンの「かまど」に押しかけて朝食をとる。
高山病になっていたとしたら食欲がなくなっているはずなので今日からは朝はChicken Noodle Soupとパン。といってこれはただの薄味の即席ラーメンなのです。






20131218LangtangViewランタン村を後にしてのんびり歩いていく。昨日の曇りはどこへやら朝は良い天気である。







20131218Maniここから先はマニ石が立ち並ぶ谷間の平原を歩いていくような感じだ。
であるキャンジンゴンパもときおり遠くに見える。







途中に黒と白のヤクがいた。どう見ても「鉄拳」に見えるのは気のせいか!?
20131218YakTekken20131218tekken






途中真っ白なチョルテンがあり雪山が綺麗に見える。
20131218chorten2






20131218elevation11:30キャンジンゴンパ(3900M)到着。
既に富士山の頂上の高さを越えている。久々のこの高度。空気が澄んでいる。予定通りのコースタイムだ。村の一番奥、最も山に近い宿に決めた。この宿は3階建てなので景色が良い。






20131218Lunch昼食は昨日と同じで「どか盛野菜チャーハン」と「ポップコーン」だ。
16年ぶりのネパールの物価上昇はすさまじい。スプライトがいくらかと尋ねたら470Rs=約500円との答えが返ってきた。日本の山より高いかもしれない。まあ飲まないから関係ないけど。








宿から見たランタン・リルン
20131218Guesthouse







関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。