スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに中国で足止めを食らった(ネパールの旅 10)

20131223shisi12/23(月)

07:30ゆっくり起床。
さすがに豪華ホテルの朝は快適である。ビュッフェ形式の朝食もこれまた豪華であった。ネパールだけあってベジタリアン専用のメニューまでたくさん用意してある。今回の旅で初めての冷たい牛乳も美味しかったけどラッシーがまた美味しかった。






20131223HotelKTM09:30
友人に絵葉書を書きつつ時間をつぶしてようやく空港へ向けて出発。広州行きの便は13:15出発と言うことであった。帰国後調べてみたが通常カトマンズ発広州行きの中国南方航空は深夜だけである。やはり「悪天候のためキャンセル」なんて嘘っぱちのようだった。







空港にてチェックイン。
荷物のクレームタグをじっくり確認する。すると荷物の行く先は「NRT(成田)」となっている!!じっと考えてみる、、、

カトマンズ発が13:30でしょ、飛行時間が5時間でしょ、時差が2時間15分でしょ、、、
どう考えても日本への乗り継ぎ便が同日にあるとは思えない。往路はともかく帰りこそ荷物は広州でピックアップすべきなのに、、、。空港職員とかけあったが相手にされなった。ネパールの空港の設備ではとてもオンラインで確認等ができそうにないからあきらめた。

13:15離陸。
本日唯一良いことがあった。
昼便になったので窓から見えるヒマラヤ山脈の景色がすばらしい。

20:00(中国時間)広州到着。
ここから予想したとおりの戦争が始まった。

1.到着時に乗り継ぎ等対応のための出迎えが無い。
 乗り継ぎカウンターに行ってはじめて向こう側があわてると言うていたらく。
 まったくもってふざけている。

2.入国審査後意味も無く長時間待たされる。
 ここでしっかり今夜の夕食も航空会社(ホテル)が提供することを約束させた。

3.案の定我々の荷物はどこへやら。
 当初航空会社の職員は「荷物は回収不能」とかいいわけしてのだが猛抗議。まあ荷物が無くても一泊ぐらいなんとかなるかもしらんのだがとにかくむこうの態度がむかついたので徹底抗戦してみた。結局自分達の荷物の回収には成功した。

20131223Hotel4.そして宿は空港から遠い。
 なぜ空港のすぐ近くにある中国南方航空直営のホテルの前を素通りするのか謎。空港から20分近く走ったところにある高級ラブホみたいなホテルに連れて行かれた。まあ新しくてそれなりのグレードのホテルなのでそれは良いとしよう。






5.そしてレストランが22時で閉店したと告げられる。
 さすがにこれにはブチ切れた。22時を過ぎたのはお前らがちんたらしていたからだろ! 下手するとわざと時間を引き延ばしたのはこのためかもしれない。フロントの受付の女は平然と超しょぼい弁当(玉子パンと玉子とプチトマト5個。推定100円弁当)を手渡そうとしたので断固拒否!レストランの営業時間を一時間延長させることに成功!

6.部屋にWiFiはあれど当然SNSには繋がらない。
 わかっちゃいるけど腹立たしい。そういう意味ではmixiって便利ね(笑)

7.国際線ストップオーバー用ホテルなのに従業員の英語力が低い

【今日の総括】
予想通りトラブルまみれとなった。
しかしこの状況を心のどこかで楽しんでいる我々。
まあ旅にはトラブルがつきものなのだよ。

機内から見えたヒマラヤ
20131223Himakaya
関連記事

この記事へのコメント

- akikomw - 2014年01月08日 12:14:47

懐かしいノリです~~
中国での交渉って、ほんと、いい旅の思い出になりますよね。

Re: タイトルなし - GAIDA - 2014年01月09日 00:21:48

> 懐かしいノリです~~
> 中国での交渉って、ほんと、いい旅の思い出になりますよね。

うーん、、、、微妙。
旅のトラブルは思い出になるけど、誠意の無いあの国の体質はどうかというとそれはまた別の問題のような気がします。まあそれを受け入れるのも旅の心得なのかもしれませんが、、、、

- akikomw - 2014年01月09日 12:11:02

最終日の話を読むと、たしかに、それはヒドイ目に・・・
お疲れ様でございましたm(__)m

でも、「ハラワタが煮えくり返るような怒りを感じて、死力を尽くして戦いを挑む」って、日本ではなかなかできないから、懐かしいんですよね~~。
どうして、サービス業相手に、客が死力を尽くさねばならないのか疑問に思わなければですが(笑)

Re: タイトルなし - GAIDA - 2014年01月09日 19:03:22

> 最終日の話を読むと、たしかに、それはヒドイ目に・・・
> お疲れ様でございましたm(__)m
まあ大げさに書いただけでそれほど実害はなかったのですけどね。
たしかに日本、特に東京は世界標準と比べてもおとなしすぎる気はします。

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。