スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールダイエットはスゴイ!(ネパールの旅 後日談)

12/25(水)

ネパールから帰国した翌日の夜、自宅で体重と体脂肪を計ってみた。
体重が増えたのか減ったのかよくわからないからである。

ちなみにトレッキング中の食事は毎日ほぼ同じメニューを選んでいた。

朝食:即席めん+チャパティ+砂糖どっさりミルクティー
昼食:野菜チャーハン(どんぶり3杯以上の量)+ポテトorポップコーン
間食:柿ピーorリッツ(どちらも高カロリー(日本から持参))
夕食:カレー食べ放題+砂糖どっさりミルクティー

山中ではチベット仏教のため肉メニューは一切無く、野菜もそれほど無い。
一言で言うと「どか盛炭水化物オンリー定食」である。

その結果私の体重と体脂肪は、、、

体重:1.5Kg以上減った!!
体脂肪率:5%下がった!!


という予想外の結果になった。


やはり高所でのトレッキングは消費カロリーが多いのかあんなに気持ち悪くなるほど食べても体重は落ちていくのだ。その昔、俳優西田敏行が植村直巳物語の撮影のためネパールロケをしたら何も運動せずに10Kg痩せたと言う話を思い出した。食べ放題食べても痩せていく。日本で努力してダイエットしている皆さんザマーミロ!!

ということでクライミングへの好影響を検証。

その結果

外岩リード(1/3-4 城ヶ崎):5.11a登れず(10グレードダウン)
ジムリード(1/07 BR日吉):5.11a登れず(9グレードダウン)
ジムリード(1/08 BR本館):ピンク登れず(2グレードダウン)

_| ̄|○ ガックリ。。
_| ̄|○ ガックリ。。
_| ̄|○ ガックリ。。


【原因分析】
・丸々一ヶ月もブランクがあれば当たり前。
・体重が落ちたのは前腕と上半身の筋肉が消失しただけか!?

ということで結論は

【怪しい結論】
「ダイエットできても登れるわけではない」

【副次的影響】
帰国後親の実家の墓掃除のために裏山を何往復もしたが全然息が切れない。
高地トレーニングによる心肺能力の向上は明らか。
空港でのトラブルによる「心配」能力の向上も明らか。

皆さんもお試しあれ!!
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。