スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙博を見に行ってきたよ@幕張メッセ

20140720atlantishead7/20(日)すげー晴れてた

外岩に行けない3連休二日目。
まあいまだに故障が癒えない身としては恵みの雨かも。ふと思い立って「宇宙博」に行ってみることにした。始まってまだ3日目、連休の中日なので初日よりはすいていると期待しつつ、朝早くに家を出た。09:30開場だが9時過ぎには会場に到着した。

09:30までチケット売り場も開く気配なし。
その間にもどんどん客が訪れて行列を作っている。まずは当日券購入の行列にこれは数十人ですんだしかしクレジットカードでの購入でスタッフがパニックになりタイムロス。そして当日券購入後にすぐ入れるかと思いきや、、



係員「チケットお持ちの列の最後尾にお並びくださーい!」

わたし「ええっ( ̄口 ̄;)!?」

結局大行列の最後尾からえんえん待ってやっと中へ。
しかし中に入るとさらに状況は悪化する。さきほどの行列がさらなる渋滞に。前半の展示の通路が狭い上に一本道。拍車をかけるように暗い中携帯で撮影する奴と音声ガイドで立ち止まる人々。嗚呼、最悪だ。

20140720moonアポロの月面車。





20140720cccp





20140720Mercuryマーキュリーのコクピット。





20140720cockpitスペースシャトル「アトランティス」。
輪切りなのがなんとも寂しい。子供のときに「スペースシャトル展」で見上げた全貌には感動したなあ。でも今回は輪切りのおかげでかっちょいいコクピットは見学できた。






20140720kibou「きぼう」日本実験棟。
これはJAXAつくば宇宙センターに見学に行ったことがあるのでさすがにインパクトはイマイチ。どちらかというとここで行った実験を子供達に解説したりするほうが良いと思った。






全般的に見たことがある展示が多かったし、すばるやアルマ天文台の展示は小規模で残念だった。初めて見て興味をひかれたのはこの火星探査車「CURIOSITY」と、「宇宙エレベーター」そしてこれ。

地上39,045メートルからのフリーフォール(ベースジャンプ?)。
こんなことが2年前に行われていたなんて知らなかった。今回の「宇宙博」の本質でもなんでもないのはわかっているけど、人間が音速を超えて時速1,357.6Kmで自由落下できるなんて考えたこともなかった。ディーンポッターのスラックラインなんてコレに比べればかわいいものかも。




お昼前に見学終了。
いくつか面白い展示もあったのだが、総括すると

「夢が無い」

展示だった。

「宇宙博」とスケールの大きいタイトルではあるが、実際には
「NASAとJAXAの淡々とした自己満足の歴史展示」
に終わっている感がある。

知識の無い私がガイドなしで駆け抜けたせいもあるけど前半なんて絵と画像だけのつまらない展示だし、殉職者のスライドショーなんて自己満足以外の何者でもない。かといて子供達の情操教育につながるような科学的なコーナーもそれほど見当たらないしなあ。これで2500円を払うぐらいなら筑波の宇宙センターを見学したほうが良いかもしれない。専門的ではあるがすばる望遠鏡やアルマ望遠鏡のサイトなんか新発見の連続で夢とロマンにあふれていてとても面白いのになあ。

私は子供の頃から似たような博覧会に行ったことがあるからだけなのかも。もう少し安ければ空いているときに再訪してみたいもんだ。いや、それぐらいだったら依然訪れていたときに閉館していたNASAの見学に行ってみたいな。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。