スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AZABU Bouldering Gym B2

20140808ロゴ8/8(金)

懐かしい場所に新しくジムができるという情報を得て、
プレオープンの日に行って来ました。

いきなり何がすごいかと言うと、、、


20140808マンション1所在地が港区三田。最寄り駅が「麻布十番」と「白金高輪」。
これだけでクライマーは出入り禁止と言われても仕方が無い場所にある。道中のマンションなんてこんな感じ。あなた方が住んでいるぼろアパートとは大違い。





20140808マンション2なにせこのあたりの地価は1平方メートル75万円( ̄口 ̄;)!!。特に意味は無いが中野島の地価は15万円、鶴見の地価は13万円である。そこに「フロア総面積:約500㎡」ということは、、、

75万円/㎡ * 500㎡ = 3億7500万円

( ̄TT ̄)鼻血ー!!





20140808看板入り口はすぐにわかった。オフィスビルのような看板が出ているからである。






20140808エレベーター入り口は奥に有るエレベーターから。綺麗に塗装してあってもうこの時点で他のジムとは雰囲気が全然違い期待感が膨らむ。





20140808休憩エリア昼から混雑していたので受付は撮影しなかったが休憩エリアがこんな感じ。港区らしいスタイリッシュな仕上がりである。





20140808更衣室個人ジムと違って企業が絡むと更衣室のレベルが上がる。更衣室がやたら広い。ここだけでジムが開けそう(笑)





20140808鏡なんと男子校異質、、、じゃなかった男子更衣室にも鏡とウェットティッシュ完備。撮影スタジオの観点から言うと更衣室はメイクアップの場所ですな。ナルシストのマッチョクライマーここだけで一日過ごせそうです。





20140808バッグここからの客への気配りがすごい。
更衣室から持ち出すものはこの番号つきのバッグに入れて、、、





20140808フック登攀エリアに着いたらこのフックに架けておくことが出来る。
地下なのでWiFiも完備、デジタルクロックもスタイリッシュと設備を褒めていたらキリが無い。冷房もとっても涼しいし。高級ブティックホテルと勘違いする人まで出てきちゃいそう。





さて本題。登攀エリアの概観はこんな感じ。マットが広いので安全な印象を受ける。その反面、登攀エリアでのくつろぐスペースは小さめ。
20140808概観





20140808初心者初心者エリアはこんな感じ。





20140808グレードいい加減全国統一規格が欲しいグレード配色はこれ。またしても赤でアップしようとしてえらい目に遭った。オープン時のグレードは0.75-1グレード甘め。最下行を良く見て欲しい。課題のシールは、、、





20140808テープこんなに綺麗に張ってある。
白文字は「手足限定」とのこと。でも高グレードは殆どが「手足限定」なので実質的には初心者向けサービスかも。







20140808Topoutこのジムの特徴No.1
私がイチ押しのがこの「トップアウトできる壁」。終了点から飛び降りず上に抜ける事ができる。レッジ トゥ レッジ。まさにクライミングの本質。飛び降りないので安全だし腰や膝にも負担が無い。しかしこの日は残念ながらマントリングやスラブが難しい課題はなかった(2Q以下)






20140808上部トップアウトするとこんな感じ。ここに潜んでいればライバルの完登を邪魔することも可能(笑)。人工芝でパターゴルフもできる(ウソ)





20140808moonboardこのジムの特徴第2弾。
「MOON BOARD」
同一の企画の壁に指定のホールドをとりつけてネット上の課題を具現化して課題やトレーニングを世界で共有できるシステム。私が見たときはホールドがいかにも肘に悪そうだったのと、強そうな人が盛り上がっていたので触りませんでした。






20140808Speedこのジムの特徴第3弾。
このジムにはまだウリがある。脅威である。なんとスピードクライミング専用壁。何がすごいってタイムを計る電光掲示板がついているだけではない。スタートホールドから手を離すとちゃんと計測が始まるのである。超本格的である。

残念なのはこの壁がスラブと垂壁の間にある点。スラブでシビアな乗り込みをしているときに隣をドタドタ登られたら落ち着かない、いや落ちそう。まあでもこの壁の配置と登った体感から思うにこのジムはスラブや垂壁よりも前傾壁に力を入れているので気にするのは私だけかも。






【課題の感想】
あくまで私の主観です。しかも紺色以下の話なので参考程度。全体的にフィジカル&保持力必要で真っ向勝負の課題が多い。バランスや手順を考えさせるトリッキーな課題は少な目の印象でいまどきのテープ課題系ボルダリングジムの主流かも。スラブと垂壁の課題はイマイチだけど課題は時間がたてば変わるだろうから今後に期待ということで。

【距離感】
全体的に遠目の課題の割合が高い。
筋力が戻っていない今の自分だとなおさら遠く感じているのかも。距離が遠くて次のホールドがアンダーとかだと小柄な人は怪我しやすそう。でも客観的に考えるとこのジムの今後の客の主流は
・慶応大学と付属高校の学生
・周囲に大使館が多く外人も多数来ると予想
・与沢翼
と思われ、私よりも身長が高くフィジカルも強いだろうから客層にあった課題なのかも。

【料金】
平日夜でも2000円。
果たしてこれが高いと思うか。川崎市民や東村山市民からすれば高いかもしれない。しかし来て見るとわかる。この立地と設備とサービスならば高くない事が。というよりか、冒頭に書いた地価を考えれば安いくらいだ。もしこのジムが他のジムと同じ値段だったら他のジムに行くと割高感を感じちゃうかも。

【総評】
個人経営のジムとは一線を画したジムが都心に出現した。設備とサービスと清潔感は全国でもトップクラス。壁の形状やアイデアも群を抜いていると思う。アクセスも良いだけに千客万来のジムになると思う。今後は慶応の学生さんが来るようになったらレディースデイを狙って行こうと思う(笑)

20140808mihou


(以下は個人的備忘録)
緑:
全体的に遠めだが殆ど登れた
10:カチ遠くに引付なのでパス


1:登れた。保持力のみ
2:登れた。遠かったけどできた
3:足ブラ腕力系。今の腕では無理だけどばらせた。
4:ムーブわかんないけど距離&腕に著しく悪そう
5:他のジムでも持てなかったホールドなので保持できない
6:絶望的に遠い
7:背筋戻さないと無理だな。でも無理じゃなさそう。
8:登れた。易しいけど遠目
9:登れた。保持力系
10:登れた。面白かった
11:全く保持できず
12:距離と腕への負担的に無理なムーブが、、
13:登れた。女子にはお買い得かも。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。