スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジムミシュラン:BPUMP TOKYO 秋葉原

10/12(日)晴れ

約2年ぶりにこのジムを訪れた。3階に行くの忘れたしカメラも持参しなかったのでイマイチ客観的な評価をできないけれど、次回いつ来るかわからないのでメモ書き程度の記録として残しておくかな。

1.アクセスは首都圏No.1
実はこのジム駅からは近くない。しかし主要なJR各路線および地下鉄どこからもアクセスできるため、非常に便利である。この日なんて私は浅草から歩いてきてしまった(笑)BPUMP TOKYO と自称するだけあって東京で一番かもしれません。

2.ショップも首都圏No.1かも。
ボルダリングマットからフィンガーボードから海外のトポまで多種多様。近くのアウトドアショップよりはるかに多い品揃えと言えましょう。スポルティバのダウンジャケットとか珍しいものもありました。

そしてそして、、、


3.充実の設備とスタッフ
拡張工事後のこのジムは登攀エリアが3フロアと国内最大級。更衣室もカギ付きのロッカーが増設されて設備も充実された。この日は大混雑にもかかわらずスタッフもとても親切でした。道が分からない初めての人のために地図を印刷してくれました。

4.壁とホールドは
以前訪れたときよりホールドがかなり少ないような印象でした。一言で言えばテープ課題で使わないホールドはつけないような感じ。

ここまでは良かったのですが、、、

5.アホみたいに混んでいる
これには驚いた2連休の晴れた中日に訪れたのですいているかと思いきや正反対。まず1階の受付は初回登録の人たちで埋め尽くされていた。そしてすぐ先では初級者道場に参加している人たちが軽く20名以上。ここまで以上に混んでいるなら2階はすいているかと思いきや上はもっと混んでいた。登攀中にラインが交錯するはスタート地点でムーブ確認もできないほどの大混雑。「国土」が広くてもそれ以上に人口がいれば「人口密度」は高いのである。

6.課題
良い点としては以前に比べて手数の長い課題、壁を2面にわたって使う課題があったことかな。でもこの日みたいな大混雑だと裏目。壁の反対側からスタートして終了点近くで交錯すると言う最悪パターンがいたるところで見受けられた。しかもカンテの向こう側から双方スタートするので登攀前にチェックしたつもりでもわからにくいからだ。

 それ以外の課題はガバとハリボテで「腕力つけたもん勝ち」みたいな課題が殆どでした。(某ジムほどフィジカル任せではないですけどね)。ムーブを考えさせる課題やバランスやシーケンスを楽しむ課題はあまりなく、印象に残る課題も少なかったなあ。

まとめると、
【良い点】
・都内のどこからでも便利
・買物目的で来ても良い

【残念なところ】
・力任せの課題が多め
・レンタルシューズに靴下なのに、やけに強い奴がいる

もうちょっとすいていてじっくり楽しむことができたら
印象も変わるのかも。

20141012AKB
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。