スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流浪の民、聖地巡礼@小川山

20141102紅葉111/2(日)霧のちどん曇

嗚呼、今回の連休ほど天気に翻弄された連休はない。

しかし私はめげない。師匠の名言がある。
「岩の状態は取り付きに行くまでわからない」

1.連休前日にまさかの遠征中止連絡
2.連休初日は難民かつ雨でひきこもり
3.パートナー見つかるも初日の雨により石灰岩岩場中止
4.乾きの良い岩場を求めて久々の「兜岩」に変更

となり兜岩に向かったのであるが、、、

08:00前 兜岩敗退
インターを降りた時点であたり一面霧の中。一応岩場の駐車場まで行ったけどさすがにこれではね。道路脇の石垣までびしょびしょだもん。でもここまで来て登れないことを確かめたので悔いなし。この日は全国同じ予報だったためSNSに協力的な情報がもりだくさん。有笠は晴れているようだけどここからは遠いしな。そんな中、小川山が晴れているという情報を見つけ転戦決定。

10:00前 小川山到着。
キャンプ場はすっかり秋も深まり「晩秋」という言葉がピッタリ。人も車も閑散としていて知り合いらしき人影も殆どなかった。
20141102紅葉2

晴天とまではいかないものの空は明るい。皆と相談してアプローチの短い兄岩に向かったのであるが、、、

5.渡渉が増水していた上に岩が濡れていてすっ転びまくり。危うくスマホを叩き割るところだった。これでは岩も期待できないので更に転戦。渡渉の無く、乾きの早いスラブ状岩壁に向かったのである。ところが、、、


6.アプローチで迷子になる(´Д`|||) ガーン!
_| ̄|○ ガックリ。。
_| ̄|○ ガックリ。。


20141102スラブ状岩壁11:00過ぎ やっと岩場に到着。
岩はほぼ乾いている感じ。朝はスラブも濡れていたそうで怪我の功名である。岩場は大人数のスクールで占拠されていたが、マナーが良い方達だったので気持ちよくルートを明けてくれた。

午後は今にも雨が降りそうな曇天だったが結局終日登ることができた。諦めずに頑張ればなんとかなるもんだと思った。






20141102ふじもと夜はいつもの定番コース。ふじもともお風呂もナナーズもガラガラだった。それにしてもカボチャでかすぎ、、、






キャンプ場に戻ると偶然お隣が山学塾のタープだった。混ぜて貰いたき火と焼き芋を堪能した。竹ちゃん氏のクライミングに関する話はとても興味深かった。一眼デジで撮ると焚き火もイイ感じかも。

夜中は雨風が非常に強かったけどパートナーの大型テントのおかげで寝袋も濡れることなく快適だった。でも寒さはこたえたな。明日の予報は良さそうだ。

【今日の結果】
かわいい女 アップ
高い窓 アップ。出だしがしけっていてやばかった
デロリンマン 二ヶ月ぶりのスラブは大変
デロリンマン RP。登れたけどラインやグレードが釈然としない。

20141102焚き火
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。