スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩場貸切クラ前編(タスマニアの旅 3-1)

20141215Paradiso帰り12/15(月)晴れ

今日はこの旅最大のサプライズイベントである。
実はひょんなことから友人を介して現地クライマーと登るチャンスができたのである。しかも初対面にもかかわらず仕事を休んで平日クラに連れて行ってくれるというのだ。なんと幸運なことか。

ホバートの町から来るまで一時間半ほど走ったところにあるタスマン半島のParadisoというエリアに連れて行ってもらうことになった。








Glen「朝9時頃宿まで迎えに行くよ」

わたし「ええっ( ̄口 ̄;)!?9時出発!?遅すぎない?」


、、、と思っていたのだが実際には大違い。なぜかというと、、、 ・波などの影響で朝方は壁が結露している
・風向きも考慮に入れたほうが良い
・日没は21時頃なので時間を気にする必要が無い

ということであった。つい先週真冬の二子に行っていた私からすると目からウロコ。

20141215Gas09:15 迎えに来たGlenとご挨拶。
一目でわかりましたよ。なにせ穴だらけの長袖を着ているんだもの。途中の町で給油と食料調達してから岩場までドライブ。岩場最寄の街ポートアーサーはタスマニア随一の観光地である。

お互い外岩好きで旅好きということで話題には事欠かなかった。車窓からの景色もよく、岩場まではあっという間に感じた。




10:30a.m. 岩場最寄の駐車場に到着。
駐車場からのアプローチは30分。このアプローチはMt.Brown山頂までのトレイルから途中で分岐する。画像の奥に見えるのがMt.Brownである。
20141215Parking





20141215mountBrownMap





20141215ParadisoGlenGlenはアプローチの途中の植生や鳥に関していろいろと教えてくれる。後から知ったのだが、彼は若い頃プロのクライミングガイドだったとのこと。





20141215ParadisoFlora






201412115sandyどう見ても平坦なので楽かと思っていたのだが、その考えは甘かった。砂地のアップダウンが続く。Glenは裸足でぐんぐん進んでいく。





201412115Approach





20141215Pinguinペンギンの足跡。夕方(といっても21時頃だけど)になるとペンギンがここまで上がってくるようだ。





201412115BlowHole目印となるBlowholeの標識。





201412115CLIFFもう岩場に着いたのかと思ったらまだまだだった。単にこの崖が登れそうか見ていたようだ。





201412115Rocky砂地のアプローチは終わり、ごつごつした岩肌を海岸線沿いに歩いていく。






20141215cown


おいおい、その先に道はあるんですか?この岬らしきカーブの向こうはけっこうやばかった。
20141215Cornwe


5.6ぐらいのクライムダウンが待っていた。スタンスは私の身長ギリギリ。しかも靴は砂だらけで荷物も背負っているし。アプローチもワイルドだ。ほどなくして岩場に着いた。

、、、、って、この日記、アプローチだけかよっ!!でもアプローチも景色が良くて気持ちが良いのですが。季節が合えばクジラも見れるそうですしね。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。