スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩場貸切クラ本編(タスマニアの旅 3-2)

20141215ParadisoCave12/15(月) 11:00すぎ  岩場に到着。
日本ならばありえない遅い到着である。しかし岩場には誰も居ない。Glenによれば休日でも他のパーティに会うことは稀だと言う。見た感じスケールが大きな城ヶ崎海岸のような岩場だ。

ちなみにオーストラリアのグレードは特殊である。
18 = 5.10a
21 = 5.11a
25 = 5.12b
ぐらいだと思っていただければ。オーストラリアのグレードは世界標準と比べて辛めだそうだ。


さっそくアップを。せっかくなので全て私がマスターオンサイトトライをさせてもらった、、、、

20141215ParadisoFarLeft1.まずはアップ
「High Noon(17)」
(画像の一番右の面)たしかに5.9よりは難しく感じたけど無事登れた。岩質も岩場の雰囲気も城ヶ崎に酷似している。タダ水平の皿ホールドのようなホールドはあまりなくむしろ縦の横引き(クラック)が多目かなあ。終了点はケミカルアンカーだったかな。残置ビナなどはどのルートも無い。






2.2本目からハードだった。
「K2(21)」
まさか5.11aとは知らず薦められるままにとりついたら一本目直後のホールドが分からず緊張した。ルートファインディングも必要だし。25Mと聞いていたけどどんどんビレイヤーちっちゃくなってくし。結局オンサイトできたけど降りてきたら60Mロープの長さギリギリでした。
20141215ParadisoK2






ここでけっこう腕が張ってしまって昼食休憩。Glenに「もう一本登ってから休憩にしたら」と言われたけどもういっぱいいっぱい。というか既にとっくに昼をすぎているし。






20141215ParadisoOxen3.Too Tall Oxen(22)
これは核心を読みどおりにこなすことが出来て快適にオンサイト





20141215SuperCharger4.Super Charger(23)
1ピン目かけるまでは濡れているわ、核心はリーチきついわ、カムのセットが必要だわ。結局ワンテン。






一本一本が長い上に、全てがマスターオンサイトトライ。けっこう緊張するのでかなり疲れてきた。でもせっかくなので24(=5.12a)をオンサイトトライすることにした。

5.Thunder Birds are Go(24)
Glenお勧めのルート。ムーブが多彩な予感がする。しかし核心はガバがとっても遠くなんどひきつけても届かない。最終的にはなんとか届いたがもう力尽きていたテン山トップアウト。でも元気なら次の便でいけそうなぐらいの難易度かな。
20141215ParadisoThunder


ここまで私がヌンチャクを架けて登ってGlenが回収を繰り返している。
Glenは

Glen「今日はヌンチャク架けなしだから楽チンだなー」
などといいながらグレード24も軽く登っているからすごい。

最後に私はせっかくなので★★★の22をとらいすることに。もう前腕は残っていないような気がするのだが。


6.Aquaohobia
2ピン目までも必死。3ピン目のヌンチャクがかけられないままに力尽きた。
ビレイしているGlenを振り返って

わたし「これ、、、、続き、、、やります?」

Glen「やんないーーい!

わたし「ええっ( ̄口 ̄;)!?

敢え無く敗退。


まだ日が高いけど時刻は19:00ぐらいなので撤収。お昼前から登っても力尽きるまで登れて満足です。

今日は一日本当にありがとうございました。

【今日の結果】
17 High Noon ★ オンサイト。アップルート
21 K2 ★★ オンサイト。意外と悪くて焦った
22 Too Tall Oxen ★★★ オンサイト。明確な核心があるが快適
23 Super Charger リーチーな核心にやられた。
24 Thunder Birds are Go ★★ テン山ながらトップアウト
22 Aquaohobia ど敗退。力が残っていなかった。

20141215全景
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。