スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジムレポ】Rock It Climbing Centre(タスマニアの旅8-2)

141220Rockiticon12/20(土)晴れ

タスマニアでクライミングジムに行く機会があったのでレポート。

訪れたのは「Rock It Climbing Centre」。
2013年にオープンにしたジムでホバートの町のど真ん中にある。ちなみに登録料などという詐欺なものはなく、利用料はリードで一日$17。この国の物価を考えると非常にお安くなっております。営業時間は平日は21時まで休日は18時まで。


さて、このジムの壁と特徴は、、、

このジムは建物の構造が非常に複雑になっている。ロープクライミング用の壁は全部で10面ぐらいあるのかな。ホールドは少なくトップロープが非常に多いのが特徴です。

1階右側の壁
画像のようにトップロープはグリグリでビレイの他に床からセルフビレイ用のベルトが伸びているのが特徴的。
141220Rockit2

141220Rockit11階左側の壁。壁の形状が非常に凝っていてユニークです。入り口近くの一回の壁はトップロープの初心者をターゲットにした壁のようです。高さはそれほどでもないかも。





141220Rockit3地下から吹き抜けの壁右側。5.13a相当ぐらいのルートもありました。

グレードに関しては22(=5.11b相当)までは楽にオンサイトできた。でも23になると突然厳しくなるのは外岩と同じかなあ。手足限定なので強烈なリーチ核心がきつかった。おかげでまた前腕の痛みがぶり返してしまったよ。





地下から吹き抜けの壁左側。それにしても壁の形状が独創的。デザインもおしゃれですね。

登ってみた感想としてはホールドは至って普通ですがところどころ木のハリボテとか木のホールドが使われています。壁の形状をうまく利用したルートが多いけどムーブ自体はちょっと無理があるのが多い印象。
141220Rockit4

閉店間際にちょこっとだけボルダーエリアにもいってみた。ボルダーエリアは1階と3階に分かれていて3階がメインかな。ここも壁の形状がユニークです。スラックラインもあります。ボルダーのグレード体系はオリジナルで番号が大きくなるほど
「なんとなく」難しくなっているという感じのようです。
141220RockitBol3


141220Boulderこの壁はルーフが売りかと思ったらルーフのうえのスラブのトラバースが面白かった。





141220RockitBol4あとはキャンパボードなどトレーニング設備の充実振りには驚いた。というかこちらの人はひたすら筋トレするのが前提となっているみたい。





141220RockitBol1左のこのジムのスタッフのお兄ちゃんなんて逆立ちで腕立て伏せをやっておきながら

スタッフ「僕は被りは苦手でスラブが得意なんだ」

とおっしゃっていた。

右の女の子も我々が交互に登ったり休んでいる間にノンストップでオートビレイでのぼりおりを半永久的に繰り返していてビックリした。





全体的な感想としては、「あくまで外岩のためのトレーニング場」というイメージかな。ホールドやルートの数が少ないのでジム専で通うとすぐ飽きちゃいそう。その一方でこの島には無数に岩場があるし21時まで日が暮れないのでジム代わりに外岩にいけるのかも(想像)でもこの町に来て雨のときは重宝しそうですね。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。