スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

到着直後もまさかの失敗(2015南米の旅 2)

8/2 (日)アブダビ暑いしブエノス寒い

今日は朝から晩までひたすら飛行機の乗り継ぎの日である。

アブダビまでの機内映画はSFミステリー「トゥモローランド」を観た。
オズの魔法使いとフィールドオブドリームスとマトリックスとホームアローンを混ぜたような映画だった。ヒロインの少女は個性的な顔立ちでした。
 映画の内容的にはちょっと間延びしているし世界観もイマイチですなあ。中途半端な理屈や気味悪い悪者をやめて子供向け3D SF映画で割り切った方が良いかも。まあタダなので文句はない。

04:00頃 アブダビ到着。乗り継ぎ待ち時間4時間がしんどい。
夜明け前でも35度。Wifi環境はとても良い。

08:30 サンパウロへ向けて再び出発、、、、、


EY191 SAO PAOLO行きはB777。各座席にUSBが付いている。
機内映画で新作に興味がないので旧作を調べてみた。「オーシャンズ11」は過去に機内で何度も見たことがあるので敢えて古い「ミッションインポシブル」を観たら、内容的に「オーシャンズ11」とほぼ同じだった(笑)ゲームもしょぼい。いくらなんでも機内のコントローラで「ストⅡ」は無理がある。

16:00 サンパウロ到着。26度。
なぜかここのターミナルのWi-fiは1時間限定で使えなくなってしまう。
20150802_1

19:45 サンパウロからブエノスアイレスへ
   さすがに疲れた。

22:40 ブエノスアイレス到着
深夜到着のた宿に依頼してお迎えのタクシーに来て貰った。
その前に空港で両替を。US$1 = 9ペソとの事だった。
タクシーの運ちゃんが
運ちゃん「俺が闇両替してやるからやめとけ」
と言うのだが、
深夜到着で初対面の人と取引はちょっとリスキー。この国には何日も滞在しないつもりだったのでUS$200を両替した。

宿までの道すがら運ちゃんと話をすると、闇両替レートは US$1=14-15ペソだと言う。まあ終わってしまったことはしょうがない。本当かウソかわからないし。そして本日の宿はサンテルモ地区にある「CIRCUS HOSTEL」

宿のレセプションで衝撃を受ける。
宿でも両替をしておりUS$1=13ペソだった。
うへー、既に8000円ぐらい損しちゃったかも。



今回アルゼンチンは通過地点としか考えていなかったのでガイドブックもないしなんの下調べもしなかったのが裏目に出たなあ。
というかガイドブック使い捨てにする以上の金額を損したよ。まあ結果論だから仕方ない南米15年ぶりだと感覚も鈍ってしまったなあ。でも明日以降いつどこで両替できるか時間的に保証もなかったし、旅の序盤から大量のキャッシュドルを持ち歩いて両替するのもね。それで自分を納得させる。

そして部屋へ。なかなか綺麗だ。スマホを充電しようと思ったら、、、

コンセントの穴が(ブラジル用と)違っていて充電できず、、、
_| ̄|○ ガックリ。。
_| ̄|○ ガックリ。。

【今日の旅レッスン】
経由地もある程度下調べしておかないと予想外の損失を生む。
アルゼンチンには「公定レート」「ブルーレート」「闇レート」の3つが存在する。


【本日の移動時間(待ち時間含む)】
24時間ひたすら移動。

通算移動時間:44時間

【本日の移動距離】
アブダビ - サンパウロ 12118km
サンパウロ - ブエノスアイレス 1675Km
ブエノスアイレス市内まで 4Km

通算:21850Km
当たり前だけど地球半周ってすごいな。

20150802_2

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。