スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャングルツアー初日(ブラジルの旅 15)

150815_088/15(土)晴れ。蒸し暑い

朝5時に起きるもネット繋がらず。
朝食最上階だが前の客が使った後のテーブルクロスそのままだから汚いし食べるものもろくなものなし。ところがトラブルはそれだけではなかった、、、



なんとチェックアウト時に料金払っていないと言われた。
サルヴァドールの代理店でたしかに支払ったのに。しかも宿のマネージャーと思われるデブのババアはポルトガル語で怒鳴るだけ。代理店に連絡をとればいいじゃねーか。こっちは今朝ジャングルへ出発なので反論する時間もない。結局また110レアル払う破目に。サルヴァドールの代理店にメールしておいたがどうなることやら。

150815_02その後リオまでの航空券を回収してから出発。しかも途中で銀行に寄らないと今回のツアー代金が足りないと言う忙しさ。

アマゾン川を渡るためCeasa市場がある漁港へ。画像は「タンバキ」とても美味しい。




150815_03市場には普通にアロワナとかピラニアとかナマズとかが売っている。




150815_04川の上にはガソリンスタンド兼コンビニが。





150815_05
小型船で川の中央付近まで。




二河川合流地点。
150815_06
奥に見えるソリモンエス川はアンデス山脈東部を源流としていて上流の細かく砕かれた岩石を含み岩石由来の栄養塩を豊富に含み、中性から弱アルカリ性を示す肥沃な水である。こちらの水は冷たい

手前のネグロ川はベネズエラ国境付近を源流とする。枯れた植物が多く水に沈んだ状態にある。これが分解し、有機物の粒子が水に溶け込んで色を黒くする。こちらの川は酸性で栄養塩類も少ない。水温は暖かい。

ここから15キロ下流までこれらの川は混ざることがないそうだ。





150815_07対岸のサン・ジョゼに渡る。こちらにもお店がたくさん。野菜の詰め合わせが面白い。




150815_09ライトバンに乗って行く。バンの後部座席は窓がないため異常に蒸し暑い。アマゾン横断道路を走ってカレイロ村を40Km過ぎてから船に乗り換えてARARA川を進む。




150815_1013時頃宿につく。




部屋に案内された。蚊帳つきのドミトリーだとは思っていたが、
150815_11


中に入るとそこはまるで、、、





150815_12野戦病院!?






150815_13午後3時からボートに乗って動物観察ツアーに出かけた。
早速ナマケモノを発見。しかしあまりに遠く撮影は難しい。川鵜、川カモメはいたるところに居る。

夕方から川イルカを観察。色がピンクなので驚いた。しかし普通のイルカと違って跳ねないのでカメラに収めることはできなかった。




18時に戻るがどうやら停電のようだ。
ヘッデンでシャワーを浴びる。。しかし夕飯の直前に電気が回復してよかった。
2030蚊帳の中就寝。


150815_14

【本日の移動時間(待ち時間含む)】
2時間
通算移動時間:99時間

【飛行機】
通算8区間

【本日の移動距離】
マナウス市街~ジャングルのロッジまで 約85Km


通算:30355Km

ここからさらに船で南東に向かっていくのだ。










関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。