スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象を見に行きダマされた!!(2015スリランカの旅6-1)

2015_12_17_70D_052112/17(木)カンカン照り

ホテルの朝食はトーストと卵で選択肢なしだった。流石にこれにはガッカリした。ATMは普通に引き出せた。

バスに乗ってピンナウラへ。片道1人55Rs。その後バスを乗り換えるはずだったが面倒なのでトゥクトゥクを使うことにした。

これが間違いの元だったとは、、、、、



わたし「仔象への授乳ってどこで見れるの?」

スタッフ「そんなの見れないよ」

あれ?
まー、小象はいつかは成長するからな。ガイドブックが古いのかも。

とりあえず腹が減ったので一度施設の外に出て昼食を。観光地の割には施設の前に2軒しか飲食店がないのは寂しいなー。

再び施設の中に入るもなんか雰囲気がガイドブックと違う。(¬д¬) アヤシイ象の群れがいる気配もないし豪快に水浴びするような水場も見当たらない、、、

ようやくあることに気がついた。

わたし「ひょっとして『象の孤児院』って別の場所にあります?」

スタッフ「ここは別の施設ですが、それが何か?Ψ(`∀´#)ヒヒヒ、、、



や、やられた。まさか象の施設が2つもあるとは。こちらの施設はガイドブックには載っておらず、我々も気づかなかった。

わたし「あのー、場所間違えたんで返金お願いします、、、」

スタッフ「表の看板とチケットよく見ろ!『返金不可』と書いてあるだろ!!

わたし「ええっ( ̄口 ̄;)!?

うわー、確信犯やんけ。

つまり、、、

トゥクトゥクの運転手とグルの悪質な商売だ。頭に来た。俺が簡単に引き下がると思うなよ。


しかし、、、、

何度もスタッフに食い下がるも敵もさるもの、ガンとして受け付けず。

スタッフ「我々に非はありません。運転手が間違えたのでは?(  ̄ー ̄)ニヤリ


今度はトゥクトゥクの運転手の兄ちゃんに噛み付いた。

わたし「てめー、わざと違うところに連れてきたな(ー_ーメ)」

運転手「い、いや、あっちの方が高いし、、( ̄_ ̄ i)タラー

ビビる兄ちゃん。なるほどね。この施設から金もらってやっている感じね。

そうこしているうちに本来の目的地でのイベント開始まで20分。

腹立たしいが泣き寝入り。

ちきちー!!だ・ま・さ・れ・たー!!
(ノ-_-+)ノ・・・~┻┻
(ノ-_-+)ノ・・・~┻┻
(ノ-_-+)ノ・・・~┻┻



本来の「像の孤児院」へと向かう。


更に入場料金2500Rs払う破目に。くそう。こっちのチケットには「返金不可」なんて書いてないぞ!やはりあっちはあからさまなニセモノだったということだな。

2015_12_17_70D_0487でも仔象への授乳間に合った。来てよかった。ここは象の至近距離まで近づけるし触ることもできる。




水浴びタイムの大移動も壮観。てっきり施設内に水場があるのかと思いきや、象の群れが施設を出てバスどおりを渡って商店街を抜けて川まで歩いていくのだ。これはスゴイ。アフリカのサファリではここまで近づけないからなあ。
2015_12_17_70D_0534





水浴びも象に個性があって面白い。水嫌いなやつ、遊ぶ子供、寝っぱなしなどなど。
2015_12_17_70D_0573






それにしても日差し強すぎで頭がクラクラする。商店でアイスと飲み物で休憩。その後はトゥクトゥクを使うことなくバスだけで帰る。

キャンディに戻ってからマーケットに寄る。その後スーパーで買出しをして夕食はKFC。頭が痛くてつらい。

2015_12_17_70D_0570
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。