スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の果てまでトレッキング(2015スリランカの旅10-1)

2015_12_20_70D_059712/20(土)晴れ 午後から天気崩れる

朝4時半起床5時出発。

今日はここから更に標高の高いところにある「ホートン・プレインズ国立公園」でトレッキングの予定。なんでも「World's End(世界の果て)」などと言う風光明媚な場所があるらしい。

再びワンボックスの日本車に乗って現地まで、、、



道中なぜか「サザンオールスターズ」の同じ曲がひたすらかかっている。中古で買った日本車のカーナビ(カーオーディオ)の設定が読めないようだ。私が前の席に移って設定を「ランダム選曲」に変えてみた。すると、中島みゆきだの松田聖子だのが次々と、、、異国情緒ぶち壊し(笑)そしてとどめは「バービーボーイズ」。なんか車の元の持ち主の年代が特定できそうだ。きっとスキーが流行っていた頃にこの車をつかっていたのだろうな。


2015_12_20_70D_0606ゲートから車で公園内に入ると意外なお出迎えが。巨大な鹿、、、「スリランカ・サンバー」だった。我々の車が通りかかっても微動だにしないので最初は剥製かと思った。





2015_12_20_70D_0613車を降りてもサンバーさんは動じない。さすが大型草食動物だ。まさかこんなトナカイみたいな鹿がこの国にいるとは思わなかったよ。

サンバーさん「お車に乗せて頂いても良いでしょうか?」





2015_12_20_70D_061駐車場まで着くと、運転手と待ち合わせ時間を確認して、ここからはトレッキング開始。一周3時間ぐらいの周回コースだ。





2015_12_20_70D_0616我々は最初の分岐で左手に。
天気が崩れる前に「World's End」に行くという作戦だ。結果論だがこの作戦は大正解だったようだ。




程なくして「World's End(世界の果て)」に到着した。

その景色はと言うと、、、

せーの、、、

ドーーーーーン!!

2015_12_20_70D_0624

、、、、(-_-)

う、うーん良い景色には違いないけど「世界の果て」は言い過ぎじゃね?つーか、ここ、インド亜大陸の横っちょの北海道ぐらいの島の、、、しかも思いっきし「内陸」だし、、、。

2015_12_20_70D_0643さてさて、トレッキングの続き。
トレッキング自体はとても気持ちが良いですよ。標高が高いので涼しいですしね。




2015_12_20_70D_0649後半は滝にも寄ってみました。
どうも滝の麓までの道は登山道ではなかったようで、かなりきりたった岩と泥の斜面でした。クライマーでもフィックスロープが欲しいぐらいでした。






周回コースを追える頃には一気にガスが湧き出てきた。今だったらとても「世界の果て」から景色は見えなかったな。そう思っているそばから今頃からスタートしてすれ違う人たちがいた。やはりここは高地。午後の天気は崩れるのだ。

最後に駐車場に戻ると別のサンバーさんが待っていてくれた。こちらはまだ子供のようだ。
2015_12_20_70D_0668

お昼前にトレッキング終了。車でヌワラエリヤに戻りました。街中にでて食べた昼食のピザはめっちゃ、、、不味かったな(笑)

午後は銀行だの郵便局、スーパーに薬局と雑用全般。一度宿に戻って夜は再び街まで歩いて町の食堂で食事。やはりスリランカの飯は地元料理が美味しいな。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。