スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼熱遺跡観光@ポロンナルワ(2015スリランカの旅2-2)

2015_12_13_70D_003812/13(日)晴れ

午後は13時からトゥクトゥク(1200Rs4時間)にて遺跡巡り。
この町一帯に点在している遺跡を巡り、最後に博物館を見学して終了する予定。

最初は旧市街から少し北にあるクワドラングル地区へ、、、、




ローカルバスで古都ポロンナルワへ(2015スリランカの旅2-1)

2015_12_13_70D_002612/13(日)晴れ

今朝も早朝4時おき。
ポロンナルワまで列車に乗るかバスに乗るか悩んだけど、実はバスの方が速いということが判明し、バスターミナルへ。念のため列車の出発時刻にも間に合うように起きたのだけれどね。どちらにも近い便利な宿をおさえておいて正解。徒歩5分程度だった。

エアコンバスが良かったけど結局ボロいバス停しか教えて貰えなかった(笑)でもその代わりにだいぶ早めに出発することができた。
0520発。約5時間の旅。249Rs (※1ルピーは0.85円)
この国は公共交通機関は極端に安い。

ほどなくしてバスは出発し、、、

羽田から出発(2015スリランカの旅 1)

20151212_07395412/12(土)

いつもクライミングに行く時間に起きて電車で空港へ。
今回は羽田空港発である。羽田だと成田より便利便利と言われるが厳密には言うほどでもない。私の場合は家からの乗り換えは羽田の方が歩くし。一番便利な点は「当日早朝初の飛行機に搭乗できること」この一点だと思う。

08:40羽田発⇒中国東方航空576⇒10:30上海PVG

今回は上海経由。一昨年中国南方航空で酷い目に遭ったが東方航空やいかに。羽田上海線は液晶画面もUSB充電もできて非常に快適だった。隣の席もいなかったし、機内食も予想より旨い。

10:30 上海虹橋空港着。
15年近く前にチベットに行くときに経由した記憶があるが、すっかり新しくなっていた。そうはいいつつもタバコの煙は最悪だった。なんか知らんが喫煙所の煙が換気口を通して空港内に充満する仕掛けがある。

案の定空港内の飲食店はぼったくり。しかし唯一安い店が。

それは、、、








初ツーリズムEXPO衝撃的でした!!

150926_009/26(土)曇

午前中は仕事だったが思ったより早く片付いた。
前夜にニュースで「ツーリズムEXPO」という展示会を紹介していた。Webサイトを見てもパッとしなかったが、中央アジアの情報ぐらいは得られそうな雰囲気だったので試しに午後から行ってみることにした。すると何もかもが予想外の内容でビックリした、、、、





ミニミニ冒険旅行者の会

9/24(木)雨

SW明けの木曜日。今日は雨混じりの天気だった。
仕事で都心に用事があったついでに10年ぶりに「ミニ冒険旅行者の会」を開催してみた。
声をかけたのは、、、

最終日なのにトラブルだらけ(ブラジルの旅 21~帰国)

8/21(金)晴れ


8/1に日本を旅立ってから約3週間。本日は帰国の日。

しかしここリオから国際便が出るサンパウロまでの交通手段は何も考えていなかった。
・6時間前後かけてバス
・高い金を払って国内航空
のどちらかだ。

バスだとバスターミナルの治安が悪いことで有名だ。旅の最終日に撮りためた画像やお土産までもっていかれるのは嫌だ。渋滞も懸念される。サンパウロでの乗換えと渋滞でも痛い目にあっている。そこでなんとなく飛行機ネット予約したらこれがえらい事になってしまうとは、、、、


【A級グルメ】本場のシュラスコを満喫(ブラジルの旅 20-2)

150820_palace008/20(木)晴れ

クライミングを終えた私はいったん宿に戻る。今夜はこの長い旅の最後の夜である。最後の晩餐ぐらい豪華に行きたいと思った。思えば今回の旅はグルメ運がイマイチ。初日にブエノスアイレスで超高級ステーキを食べた後はアウトドア中心だったり忙しくて時間がなかったり宿から繁華街が遠かったりであまりグルメは満喫できず。その代わりにカジュアルなお店はたくさん行けたけどね。

ということでネットで調べて徒歩でお店まで、、、、




リオの観光地で絶景クライミング!(ブラジルの旅 20-1)

150820_018/20(木)晴れ

06:15起床。
前夜はサッカー観戦のため宿に戻って寝たのは午前2時。眠い。でもに今日は楽しみにしていたクライミングの日である、、、、




サッカーの聖地での観戦に感動した(ブラジルの旅 19-2)

150819_FlaVas068/19(水)晴れのち夜少々雨

今回急遽ここリオ・デ・ジャネイロに寄り道した理由はただ一つ、マラカナンスタジアムでのサッカー観戦である。元々旅の後半の日程は未定だったしサッカーの試合日程まで確認する予定はなかった。タイミング的に非常にラッキーだったと言うしかない。試合は夜22時キックオフとの事で、チケット手配や往復の安全を考えて観戦ツアーに申し込むことにしたのである、、、、




搭乗時間に間に合わず!?(ブラジルの旅 19-1)

8/19(水)晴れのち夜少々雨

深夜0118
夜間の飛行機でリオへ向かう。
しかしチェックインのときに、「乗り継ぎの時は荷物を受け取れ」と言われる。なぜサンパウロ空港の乗り継ぎで荷物を一度受けとらねばならないのだ。チケットを良く見るとサンパウロの空港が2つ書いてある。マナウスから到着するのがグアルーリョス空港、乗り継ぐのがコンゴーニャス空港。日本で言うと「成田に到着するから羽田まで行け」というヤツだ。どうりで乗り継ぎ時間が2時間半以上あると思った。

150819_map


6時前にサンパウロ到着。
しかし空港間の無料シャトルか一時間待っても来ない。

0745やっとバスが来た。搭乗時刻は08:50なので余裕かと思ったら道路は大渋滞。バスがコンゴーニャス空港に到着したのは08:48だった。90リットルの巨大ザックを背負って全力ダッシュ。

しかし、、、

チェックインカウンターに到着したのは08:53になってしまった。
_| ̄|○ ガックリ。。
_| ̄|○ ガックリ。。
_| ̄|○ ガックリ。。


しかし、、、

怪しいジュースに挑戦しまくり!!(ブラジルの旅 18-2)

jacca8/18(火)晴れのち土砂降りのち曇

この国では朝食のフルーツが常に食べ放題。
そして街中にはジューススタンドだらけ。フルーツ王国ブラジルの果物とジュースを紹介。(ただしフルーツの画像の多くは基本的にネットからパクリです。)

【基本的にいつでも食べ放題】
・スイカ
・メロン
・パパイヤ
・マンゴー
・パイナップル
大体このうち2種が毎朝出てくるイメージ。

【食べ放題2軍】
・オレンジ
・バナナ
バナナはデザートと言うより料理の食材的あつかいか、実家の庭にも生えているよみたいな存在だった。

ここから先はアマゾンでトライしたジュースを中心に、、、


初めての休息日!?(ブラジルの旅 18-1)

150801_018/18(火)晴れのち土砂降りのち曇

マナウスは1時間時差があることを忘れていて間違えて早くに起床。
せっかくこの旅で一番高い宿に泊まったので部屋を満喫してレスト。Wi-Fiも高速なのでこの後の調査と予約をせっせと進める。帰国日のリオからサンパウロへの航空券は高かったので諦める。リオでのサッカーの試合と宿はなんとかなった。

メールの返信が来るまでスーパーに買い物へ。でもめぼしいものは地元のマナウス産のコーヒーぐらい。

11:50
チェックアウトしてからジャングルツアーの代理店に荷物預けて市場に向かう。この旅初めてシュラスコかと思いきや結局いつものビュッフェ形式の店だった。でもここの所魚続きだったので久々の肉はうまかった。飲物はクプアスー。しめてR$36ぐらい。けっこう人気店のようだった、、、

朝焼けのち土砂降り(ブラジルの旅 17)

150817_018/17(月)曇りのち土砂降りのち晴れ


昨夜はワニ見物に行ったのに今朝は朝5時起床。

靴下が見つからなかったが蚊帳の端に引っかかっていた。船で日の出見に行くも天気は曇り。まあ朝焼けが綺麗になると前向きに考える。やっと日が出た。なかなか美しい、、、





ピラニア釣りとワニ狩り(ブラジルの旅 16-2)

150816_pm018/16(日)晴れ。蒸し暑い

午前中のジャングル散策から戻って昼食休憩。午後3時までは何もしないでのんびりタイムです。洗濯物がすぐ乾くのでありがたい。
たまにはツアーのお昼ご飯の紹介でも、、、、、




ジャングル奥地を散策(ブラジルの旅 16-1)

150816_018/16(日)晴れ。蒸し暑い

朝から停電だった。
本日午前のイベントはジャングルウォーク、、、




ジャングルツアー初日(ブラジルの旅 15)

150815_088/15(土)晴れ。蒸し暑い

朝5時に起きるもネット繋がらず。
朝食最上階だが前の客が使った後のテーブルクロスそのままだから汚いし食べるものもろくなものなし。ところがトラブルはそれだけではなかった、、、



アマゾンへ向かって3600Km(ブラジルの旅 14)

150814_018/14(金)晴れ。蒸し暑い

午前1時半。サルヴァドール空港着。
朝5時の出発までここで夜を明かすのである。先に空港に到着していたドイツからの4人組に合流した。彼らはカポエラの友人に会いにベロオリゾンテまで。私も同じ飛行機に乗って乗り換えてマナウスまで行くのだ。その距離なんと3600Km!本日の移動距離は東京からベトナムのハノイまでと同じだ、、、、





ブラジル初クライミング!(ブラジルの旅 13)

150813_018/13(木)曇りのち小雨のち夜雨

朝早く起床。本日はチェックアウトのため荷造り。
いったん銀行まで行ってお金おろしてから散歩。宿にて早目の朝食を食べてチェックアウトしてから広場へ。今日はここレンソーイスにてクライミングなのである、、、






滝と景色と鍾乳洞とトラブル(ブラジルの旅 12)

150812_018/12(水)晴れ


7時起床。
宿の朝食の出来立てパンが美味しい。
08:30
今日は日帰りツアーのはずだが迎えが来ない。
代理店まで歩いていくとどうやら英語ガイドが事情によりドタキャンしたようだ。
ということで、ポルトガル語オンリーの運転手兼ガイドで出発、、、




滝見トレッキング(ブラジルの旅 11)

150811_018/11(火)明け方雨、その後は晴れ

朝から凄い暴風雨だったが前日同様時間と共に晴れた。
朝はこんな豪華な朝食なのです。ワシントンは見かけによらず料理も上手なのです。

最終日は比較的早めに出発、、、、、



秘境 Vale do Pati(ブラジルの旅 10)

150810_18/10(月)明け方雨、その後は晴れ 

朝6時半に起床。
どうも夜のうちに雨が降ったようで洗濯物がよけいに濡れていた。

本来ならテーブルマウンテンの頂上を目指す予定だったのだが、、、




国立公園 Chapada Diamantina(ブラジルの旅 9)

150809_018/9(日)曇のち晴れのち曇 

朝5時。夜行バスはレンソーイスの町に到着した。
終着点でhないので起きれるか気がかりだったが運転手が知らせてくれた。それにしても夜行バスの冷房バスは17度くらいだったのだろうか寒くてあまり寝れなかった。宿からピックアップを頼んでおいたので楽だった。

車に乗ると宿の主人のワシントンが予想外の提案をしてきた。

ワシントン「今朝出発で3日間『Vale do Pati』にトレッキングに行くけど参加するか?R$600でどうだ?」

わたし「ええっ( ̄口 ̄;)!?でも今日は日帰り観光ツアー申し込み済み、、」

ワシントン「そんなのこっちで日程変更したあげるよ」

「渡りに船」とはまさにこのことである。私はここで上記のトレッキングツアーを探そうとしていたからだ。しかし私は一人旅のため最高人数や日程の関係でいつ出発できるかはわからかったのだ。その一方で私は前日から3000Km近く移動していて夜行バスでも睡眠不足。果たして今日から3日間歩けるのかな?悩んだ結果、、、





8/8 古都サルヴァドール(ブラジルの旅 8)

150808_salvador28/8(土)曇りのち雨

朝4時起床。空港までのタクシーは早めに到着していたR$60。
朝食は空港でmistoバゲットR$20うまい。

0700発ブラジリア行きの飛行機の中では見事に爆睡。しかし着陸直前私だけではなく乗客全員の目が覚める一言が。

CAさん「当機はまもなくサンパウロ空港に、、、」

一同「ええっ( ̄口 ̄;)!?

このアナウンスに全員騒然。しかしその直後、、、

イタイプーダム特別見学(ブラジルの旅7-2)

150807itaipu28/7(金)曇のち晴れ

13:15 イグアスからバスターミナルに戻ってきてそのままイタイプーへダムへ。
ダムだって川沿いにあるはずだからイグアスの滝の近くではと思っていたが、実際には「あさっての方向」だった。冷静に考えれば当たり前、イグアスの滝はアルゼンチンとの国境だし、イタイプーダムはパラグアイとの国境なのである。またしてもローカルバスに揺られてブラジル側からイタイプーまで、、、




イグアスの滝はフォトジェニック(ブラジルの旅7-1)

150807iguacu28/7(金)曇のち晴れ

一昨日はアルゼンチン側からイグアスの滝を見たけれど本日午前はブラジル側から。
駆け足で旅行する人、(特に以前はブラジルのビザが必要だったため)はアルゼンチン側からしか見ない人が多かったようだけど、今はビザなしでもイグアスの滝は見学できると言う不思議な仕組みのようだ、、、、




ブラジル突入!!(ブラジルの旅6-2)

150806_foz38/6(木)晴れ


とうとうブラジル突入!といってもローカルバスだし入国審査もないし拍子抜け。
フォス・ド・ブラジルの町のバス停にはインフォあった。宿にはバスで行けと言われた。バスは3レアル均一、、、、、





イグアスの滝(アルゼンチン側)(南米の旅5)

150805_iguazu18/5(水)晴れ
朝0545に起きたけど早すぎたかも。
空港までのタクシーは115+迎車10だった。空港でのピザは90ペソもしたけど美味しかった。昼食えないと予想しているのでまあよいか。飛行機に乗ってブエノスアイレスからプエルトイグアスへ。


11時過ぎ定刻に到着。
いったん町まで行って滝まで戻ってくるのは時間の無駄なのでタクシーで公園まで直接行くことに。タクシー260ペソは強烈。現金が足りないので20ドルを12.5で両替もギリギリ。ロッカー55に入場料260に帰りのバスも50する、、、





南米で初のクライミング!(南米の旅 4-3)

150804_gym48/4(火)曇り後晴れ 

旅行中に一度くらいはクライミングをしようと下調べ済み。
ブラジルでは大都市でもジムは殆どないが、ここブエノスアイレスには10件ほど。中心部にあった唯一のジムを訪れてみることにした。

その名は、、、





ブエノスアイレス自転車の旅(南米の旅 4-2)

150804_chari48/4(火)曇り後晴れ 

朝はのんびり起きて830から宿の朝食。パンと緑茶とつぶつぶオレンジ。今日は自転車を借りて市内観光することにした。レンタサイクルは歩いてすぐだった。地図を片手にボカ地区までチャリンコの旅。

1.午前中はボカ・ジュニアーズのスタジアム見学。これは期待以上に面白かったな。

2.お昼はスタジアムの近くにあるカミニート地区を訪れることにしました、、、






ボカ・ジュニアーズ本拠地探訪(南米の旅 4-1)

150804_boca18/4(火)曇 

南米の旅実質2日目。昨夜はゆっくり寝られたので幸せなり。
のんびり宿の朝食を食べてから、すぐ近くの貸し自転車屋さんへ。そう、今日は自転車をレンタルして一日市内観光をすることにしたのだ。

訪れたのは、宿から南に約3Kmのところにある、「Estadio Alberto J. Armando」、通称「ボンボネーラ」、そうアルゼンチンで最も人気のあるサッカーチーム「ボカ・ジュニアーズ」の本拠地である。

スタジアムの一部が博物館になっているので早速中へ、、、




≪PREVNEXT≫
プロフィール

GAIDA

Author:GAIDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。